2010年02月27日

ヘルシンキ。

<ヘルシンキ大聖堂>
PC220256.JPG

 ヘルシンキには、19時半過ぎに到着。。
 気温の差はバルト3国といたって変わらず、とにかく寒い。

 フェリーターミナルからヘルシンキ中央駅までバスで移動。
 バルト3国とは打って変って近代的なビルが立ち並ぶ大都会だった。

<ヘルシンキ中央駅前の様子>
PC220319.JPG

 その日の目星を付けている宿まで行くトラムがどこにあるか分からず駅の市街図の表示板の前で、しどろもどろしていたら、一人の若い女性が「どうしましたか?」と声を掛けてくれた。。旅に出て以来こんな事はほとんど初めてだったので、その優しさに感動・・・。
 トラム乗り場を教えてもらった。。
 次にトラム乗り場ではどちらのホームから乗ればいいのかを迷っていたら、また別の若い女性が「どうしましたか?」と声を掛けてくれた。。

 え、この町どうなってるんだ・・・。

 実に5分以内に2人の方から親切なお声掛けを頂いたのだ。。
 本当にその親切な御2人にはただただ「感謝」だった。

 結局その日泊まるはずだったホステルも満員で入れなかった。困っていると、そのホステルの受付の方は親切に別のホステルとその行き方を丁寧に教えてくれた。おまけにとても愛想が良く、きっちりとした接客だった。

 別の日に駅のツーリストインフォメーションに飛行場までの行き方を聞こうと向かった。
 正直このツーリストインフォメーションというやつはマップをくれる以外はあまり期待できない。。今まで通ってきた国々ではやっつけ仕事のように必要最低限の事を伝えれば、あとはテキトーな対応だったし、時にはその情報は必要最低限を満たしていない場合もある。
 だが、ヘルシンキでは度肝を抜かれた。
 ツーリストインフォメーションのスタッフは、その丁寧な接客や確かな情報はもとより、なんと日本語が話せるのだ・・・。しかも敬語。ま、スタッフによると思うのだが、そのときにそこにいたスタッフはとても若い(多分18から22,3歳ぐらいの・・・)女性だった。。
 難しい単語となると少し理解できなくなるらしいのだが、僕が話す上では、全く不自由なかった。。

 これら全てが作用してか、ヘルシンキは僕にとって、とても「親切な町」という印象が強い。。
 というよりも、今まで通ってきた東欧の国々の人々が少し冷徹な対応が多かったために余計にそう思うだけかもしれないが・・・。
 とにかくそういう意味ではヘルシンキはとても良い町だった。

PC220272.JPG

 久しぶりに1日丸々と町の観光に充てられる。。
 あてもなく町中のあちこちをぶらぶらした。
 特に観光名所をまわるわけでもなく・・・。

<中心街の様子>
PC220230.JPG

PC220303.JPG

 北欧は物価が高い。。
 確かそのとき1ユーロが135円ぐらいだったかな。。
 宿は1泊17.5ユーロ、インターネット1時間8ユーロ、中華ファーストフード店での晩飯8ユーロ。。とにかく何をやろうとも1000円前後は掛かってしまう。市内を移動するための足であるトラム。。この安いはずの公共交通機関でも一回乗るたびに2.5ユーロ掛かってしまう。

PC210225.JPG

 でも不思議なもんで、国の物価に合わせて、自分の金銭感覚も変わるのだ。・・・というより慣れてしまう。インドでの1日分の生活費を、平気で一食分のお金として使ってしまうこともあった。。インドでは10円、20円で、あれほどリキシャのおっちゃんとケンカしたのに・・・。
 慣れとは怖いものだ。

<フィンランド名物(??)ムーミンショップ>
PC220322.JPG


 12月23日そんなヘルシンキともお別れし、なんとかクリスマス前に滑り込むようにしてニューヨークへと渡る。。
 マンハッタンの摩天楼に想いを馳せた。

タグ:世界一周
posted by SAMURAIちゃん at 11:43| Comment(0) | 北欧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。