2009年07月08日

タイに思いを馳せる・・・

 長い船旅を終え、ラオス国境の町「フェイサイ」にて一泊いい気分(温泉)
 翌朝、ついに東南アジアの最後の国「タイ」に入境すべく、イミグレーションにて出国手続きを行った。

 ラオス「フェイサイ」とタイ国境の町「チェンコン」とは幅約1km前後の川を境にしており、出国手続きが済むと、その川を渡るため、係員に促されるまま、小さなスローボートに乗った船
 ついにタイに入国できるんだぁ〜という想いで、胸に期待を膨らませ、タイ側イミグレーションにて入国手続きを済ます。

 タイにはとても想いを馳せていたるんるん今まで東南アジアを旅する中で会った旅人たちはタイの首都バンコクを旅行の基点として行動する方が多く、いろいろな方々から、タイのメシは東南アジアの中でも安くて、とてもウマい!!という話や、バンコクではありとあらゆるものが安く手に入る!!という話、また、現地人はみんなとても陽気で穏やかで、人柄がいい!!という話などを散々聞かされていたので、「タイ=良い国」という方程式が自分の頭の中で確立していたのだあせあせ(飛び散る汗)
 また、バンコクという中国の町以来の久々の大都会に何かしらの興奮を覚えていたグッド(上向き矢印)

 タイ国境の町チェンコンはラオス・フェイサイよりも遥かに都会だった。
 チェンコンの町で初めて「セブンイレブン」を発見した時は、日本での懐かしい感覚が頭に蘇ってきて、思わず嬉しくなってしまい、何ヶ月ぶりかの緑茶のペットボトルを購入してしまったパンチそれだけでタイとの距離が縮まった気がしたひらめき

 タイの北部チェンコンからタイ各地を廻りながら徐々に南下して行き、最終目的地は首都バンコク。それから久々の飛行機に乗り込み、次の国は自分の中で今最もこころ躍らせている国「インド」位置情報

 だが、今の装備ではインドをうまく渡っていけない気がするたらーっ(汗)・・・ということで、あらゆるものが安く手に入るバンコクでは長期滞在をし、インドでの旅がしやすいように・・・少しでも身軽になるために、装備を固めていく予定だexclamation


 ・・・さっそく今夜泊まる町「チェンライ」へ移動すべく、バスに乗り込んだダッシュ(走り出すさま)
タグ:世界一周
posted by SAMURAIちゃん at 22:19| Comment(0) | タイ「チェンコン」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。