2009年06月26日

バンビエンでサイクリング!

 デット島から抜け出し、一路ラオス北部を目指す!!

 ラオスに関して(他の国も同じだが・・・)、これといった観光情報を持っていなかったので、デット島で韓国人の男性がお勧めしていた「パクセ」という町に行ってみることにしたひらめき
 お勧めというよりは、バイクを借りて、町の郊外を走る分にはなかなか良いところだよと言っているぐらいで、町自体は特に何も観光するような所はなさそうだ。。

 町に着いてみると、本当に何も無い町で、大通りに数件ツーリストオフィスと外国人向けの飲食店、レンタルバイク屋があり、また大通りから少し離れたところにわりと大きな市場があるくらいの小さな町であったいい気分(温泉)

 ま、それでもデット島で少し疲れてしまっていたので(笑)、独りでゆっくりするには静かで良いところだったひらめき
 2日目には日本人男性とも知り合いになれ、一緒に部屋もシェアした。。デット島ではあれほど恋しかった日本語での会話・・・嬉しくなってしまい、いろいろな話をして、久々に心が和んだ気がしたるんるん
 その男性によると北部へ向かうのであれば、バンビエンという町がお勧めだということであったので、パクセで2泊した後、バスで更に北へ・・・「バンビエン」を目指し出発ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

 パクセからバンビエンまでは一度、ラオスの首都「ビエンチャン」でバスを乗り換え、更に北に進む。。ビエンチャンはラオスの首都といえども、人や車の数は多かったが、高層ビルや近代的な建物は無く、東南アジアの田舎、ラオスを象徴しているかのような首都だったリゾート

 ・・・ビエンチャンからバスでバンビエンに着いたのは午後4時を過ぎた頃であった。。

P6160086.JPG

 ここもすでに観光地化が進んでおり、町には多くのゲストハウスや西洋人向けのバーやレストランが溢れ、夜にもなれば、多くの西洋人が仲間たちとお酒を飲みながら、談笑したり、ビリヤードなどを楽しんだりしているダッシュ(走り出すさま)
 それでも昼間の町はとても静かだし、町自体、とても風光明媚な場所にあった。町のすぐ後ろには中国の桂林にもあるようなのっぽの山がいくつもそびえたっており、雲の多い日なんかは山のてっぺんに濃い霧がかかっていてとても綺麗だぴかぴか(新しい)
 また町のすぐ近くを大きな川が流れており、昼過ぎから夕方に掛けて、地元の子供たちやそのお母さんたちが水浴びをしていたりしたるんるん

★町のすぐ近くの川
P6160090.JPG

 僕はのっぽの山があるところまで行ってみたいと思い、20000KIP(約250円)で1日マウンテンバイクを借り、山の麓の方へと向かったダッシュ(走り出すさま)
 この旅に来て、レンタルサイクル屋の自転車にはあまり信用を置かなくなった。。中国の麗江や、デット島で借りた自転車はいずれもチェーンが緩く、ギアチェンするたびに、自転車に振動が来るたびに、チェーンが外れていたパンチ
 今回はその経験を生かし、チェーンがしっかり締まっているマウンテンバイクを選び、念押しで店員さんにもチェーンが外れないことをしっかり確認した。

 町からそののっぽの山の麓の方へ行くには町のすぐ近くを流れる川に掛かる橋を渡り、対岸へ行く必要があった。。
 橋を渡ると、すぐに道は舗装のされていない、砂と石だけの道になり、辺りは町から集落へと変わったあせあせ(飛び散る汗)こちらの対岸のほうは全く観光地化されておらず、地元の人々の素の生活がそこにはあった。。
 ふと川を見れば、4人の子供たちが素っ裸でギャーギャー騒ぎながら、楽しそうに水遊びをしている。こののどかな風景に思わず、写真をパチリぴかぴか(新しい)
P6160097.JPG

 また、5分ほど走れば、今度はたくさんの集団の牛が、ある民家の大きな飼育場所から外へと柵を抜け出し、一定方向に並んで向かっていた。。ボーっとその様子を眺めていると、なんと驚くことにその集団の牛たちを指揮しているのは一匹の犬であったあせあせ(飛び散る汗)柵を抜けるのに時間が掛かってしまう牛がいれば、後ろから吠え立てて、牛をせかしたり、集団とは違う方向に行ってしまい、柵を抜けずにいる牛がいれば、その牛の場所まで行き、牛の後ろから吠えながら、ちゃんと柵の方まで導いている犬柵の中に他に牛がいない事を確認すると、ようやく仕事が終わったといわんばかりに2回ほど吠えて、その場に座り込んだ。。
 もちろんそこの飼育人が近くでその様子を見張ってはいるのだが、その犬の働きっぷりに少し感動してしまい、しばらく呆然としてしまったー(長音記号1)

 川や湖があれば、人々はそこで水を浴び、砂と石だけの道には野放しの牛が草を食べながら集団で移動し、広大な農地には農作業に勤しむ人たちがいたグッド(上向き矢印)

★水浴びをする地元の人々
P6160111.JPG

★自由に散歩する牛たち
P6160150.JPG

 そうこうしている内に、山はとても近くにあり、素晴らしい景色が広がっていたるんるん思った以上の悪路と日照りのおかげで疲労困憊と感じたそのときだった・・・
 「ガシャリ」と音がして、嫌な予感がした・・・下を向けば、チェーンが無残な姿に・・・バッド(下向き矢印)・・・・な、な、なんと切れてしまっているではないか・・・もうやだ〜(悲しい顔)
 ゆうに町から2時間は走ってきていたダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)
 ウソだウソだと、何回もペダルを漕いでみるが、ウソではない、ペダルは切れてしまっているのだ。。自転車は全く前に進まないたらーっ(汗)
 まさか、チェーンが切れてしまうことまでは想像していなかったふらふら
 人もいないし、周りは田んぼと少しの民家しかなかった。しょうがないので疲労困憊の中、自転車で2時間の距離を歩いて引き返そうとしたら、ちょうど農業用の運搬車として使っているような小さな荷台付バイクに乗ったおっちゃんが通りすがりに声を掛けてきて、起動不可能な僕のマウンテンバイクを見て、60000KIP(約750円)で町まで乗っけてってやるよと言ってきた。。僕のこの状況を見て、完全に足元を見たような値段だった。。まだ陽が高かったし、ゆっくり帰ろうと思っていたのでノーセンキューと断り、マウンテンバイクを引きずりながら歩き出すと、今度は50000ならどうだときたたらーっ(汗)
 ・・・いやいや、おっちゃん高いし、気分も落ちてるから、独りにさせてくれよ、と思いながら、無視していたら、今度は僕を通り越し、僕の前方でバイクを停めた。。
 なんだなんだと思っていると、僕の前方で、ある民家を指差している。
 おっちゃんに誘導されるように着いていくと、なんとこんな民家と田んぼしかない場所に幸運にも自転車修理をやっている所があった。。
 おっちゃんは、30000で直してくれるよ、と教えてくれ、そこの自転車修理屋さんに頼んでくれた。。

 ほんとうに助かったexclamation×2

 ま、教えてくれたおっちゃんには感謝だけど、俺のバイクに60000で乗れなんて言わずに、はじめから修理屋さんを教えてくれよパンチ

 と、思わなくも無かったが、全ては結果オーライで、おっちゃんには「カプチャイ!(ありがとう!)」と告げ、息を吹き返した自転車でその場を後にした。。

 そのあとも静かなほのぼのとした田舎道を、やはりチェーンを気にしながらではあるが、サイクリングを楽しむ事ができた手(チョキ)

P6160114.JPG

 バンビエンはとてもいい町だった・・・グッド(上向き矢印)

P6160141.JPG

P6160131.JPG
タグ:世界一周
posted by SAMURAIちゃん at 20:35| Comment(1) | ラオス「バンビエン」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。