2009年06月01日

ベトナムのおいしいもの!

 新しい国や町に来て、現地の美味しいものや美味しい店を自分で発見するたびに、それだけでその国をマスターしてしまったような得意気な気持ちになるるんるんどんどん自分の居場所が広がっていく気分になるし、それによって行動範囲が広がり、異国の町がいつしか自分の地元のホームタウンのようになる手(チョキ)

 中国にいるときも何回も、まぁガイドブックに添って、安心して食べられそうなものを石橋を叩きながら、食べていたりはしたが、それ以外で自分が何気なく入ったお店で、何気なく頼んだ一品が美味しかったりすると、嬉しくなり、何回も通うようになり、お店の店主に顔まで覚えられるようになったりするわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

 ここベトナムでも自分のお気に入りの一品を見付けてしまったグッド(上向き矢印)
 それは「ベトナムコーヒー」だ喫茶店
 食べ物ではないのだが・・・、何気なく電車を待っている間の空いた時間を潰そうと、駅前のレストランで頼んだのがきっかけ。
 僕が頼んだのは正式には「アイスミルクコーヒー」というもので(もちろんブラックもある)、町のカフェやレストランで頼むと、背の低いガラス製のグラスにステンレス製のコーヒーフィルターが乗って、ホットの状態でコーヒーが運ばれてくる。グラスの底のほうは白く、ミルクが沈殿しており、更にアイスということで、別のグラスに大きな氷が何個も入って出てくる。運ばれてきたときはまだ、フィルターからコーヒーがポタポタ抽出されているのだが、5分ぐらいすれば、それが終わり、ようやく底に溜まっているミルクとかき混ぜて、氷の入っているグラスに移し替えて飲めるようになる。
 
 はじめは自分が想像するアイスコーヒーとは違う様式のものが目の前に運ばれてきたことにガッカリふらふら量もものすごく少ないし、何だかいつも日本で入れているミルクとも違うものが、グラスの底に溜まっているし・・・。
 ただ飲んでみるとビックリダッシュ(走り出すさま)ものすごく濃厚な味で、底に溜まっていたミルクも実は練乳でそれがコーヒーにうまいこと絡み合ってて・・・確かに甘ったるいっちゃ甘ったるいんだけど、嫌な甘ったるさじゃないというかなんと言うか、・・・とにかく濃厚な甘さが自分的にはかなり気に入って、ここ最近は毎食後に必ず飲んでいるぐらい(ちなみに昨日は一日4杯飲んでしまいましたたらーっ(汗))ハマってしまったぴかぴか(新しい)

 ベトナムの人はこの深煎りした濃い、量の少ないコーヒーをゆっくりと時間をかけて、愉しむのだそうだいい気分(温泉)
  
 明日からカンボジアにバスで向かうバスのだが、カンボジアでもいろいろと美味しいものと出会うのが、何だか楽しみになってきたるんるん
 ぜひ、ガイドブックに頼らずに、自分の力で発見できるように頑張りたいと思うexclamation


 (ベトナムコーヒーの写真を撮り逃してしまったということと、ネットカフェのパソコンからなぜか写真が載せられなかったので、今回は写真掲載は諦めますふらふらめんどくさがり屋ですんませんバッド(下向き矢印)
タグ:世界一周
posted by SAMURAIちゃん at 14:03| Comment(0) | ベトナム「ホーチミン」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。